未経験からITエンジニアを目指す!志望動機の例文や魅力的な伝え方は?

未経験からエンジニアとして活躍したいのなら、まずはIT系の企業で面接を受け採用されなくてはなりません。
企業によって採用基準は異なりますが、未経験なら志望動機をどのように書くかはとても大切です。
そこで今回は、未経験からエンジニアを目指す方に向けて、おすすめの志望動機や例文などをご紹介します。

未経験からエンジニアになりたい人におすすめの志望動機

経験者なら、これまでの実績やスキルなどを直接アピールできますが、未経験だとそれができません。
そのため、未経験の方は経験者とは一味違う志望動機でアピールする必要があります。
まずは、具体的にどのようなアピールをすればいいのか詳しくご紹介します。

熱心に努力できることをアピールする

企業としては、即戦力として活躍できる人材を求める傾向にあるものの、積極的に未経験者を募集しているところもあります。
そもそも新卒や未経験者は、はじめから経験がない、もしくは職種経験が浅いことは分かっているため、それ以外の部分を重視して採用している場合が多くみられます。

たとえば、「熱心に仕事へ取り組み、継続的に努力できるか」という点や、知識や仕事以外の経験などを重視している企業もあります。
エンジニアはとにかく身につけなくてはならない専門技術や知識が多く、そのためには継続的な努力は必須です。
自分が努力し続けられる人間であることをしっかりアピールできれば、採用につながる可能性は十分あります。

ただし、漠然と「努力ができる」と伝えても信憑性が乏しく、採用担当にも伝わりません。
そのため、具体的なエピソードを交えて伝えることが大切です。過去に努力を続けて何を得たのかを説明できるようにしておきましょう。

エンジニアは生涯勉強だといわれています。ITの世界は常に目まぐるしい変化を続けており、新たな技術もどんどん誕生しています。
そのため、仕事をはじめてからも勉強を続け、レベルアップを続けなくてはなりません。
熱心に努力ができる人なら、スムーズなスキルアップも期待できるため、企業も採用したいと考えてくれる可能性があります。

ITやコンピュータ、技術に大きな興味があることをアピールする

どんな業界へ就職するにも、その会社が扱うサービスの分野や商品などに関心があることが求められます。
たとえば、アパレル関連会社の面接で「服にもファッションにも興味がない」と伝えたとすると十中八九不採用になるでしょう。

IT企業の面接でも、コンピュータやITにまったく興味がない、となると採用担当者は困惑してしまいます。
それでも経験者ならまだ可能性はありますが、未経験で、しかも応募している分野に知識も興味もないとなると、即座に不採用になる可能性が高くなるでしょう。

やはりその世界で働く以上、ITやコンピュータに関心を持つ必要があります。
特に未経験なら、よりアグレッシブにITやコンピュータに関する興味、関心をアピールしなくてはなりません。
もし、これまでにどんなことでもIT系で何かしら取り組んできたことやエピソードなどがあれば積極的に伝えましょう。

ITやコンピュータに強い関心や興味持ち、自発的に勉強していれば、企業は伸びしろがあると判断してくれる可能性があります。
人は好きなこと、興味があることに関しては前向きに努力できるからです。

ここでも、漠然と「ITやコンピュータに興味があります」とアピールするより、具体的にどのようなことに関心を持っているかを伝えたほうが効果的です。
「ITの〇〇なところに強い関心を持っています」のように、具体例を挙げることが大切です。

過去に勉強やスポーツ、仕事で結果を出してきたことをアピールする

エンジニアは結果が求められる仕事です。システムの全体像を設計し、クライアントの要望にマッチしたものを作り上げることが求められます。
そのため、過去に勉強やスポーツ、仕事などで結果を残しているのなら、それをアピールすることで高評価につながる可能性があります。

どのようなことであっても、結果を残すには努力が必要です。つまり、結果を残せている人は努力ができる人であり、目標やゴールに向かって一直線に進むことができる人、と判断してもらえる可能性があるのです。
また、エンジニアは時にハードで過密な業務スケジュールになることも珍しくありません。
そのため、最後までしっかりと仕事をやりきれる人材が求められています。
何かしらの結果を残してきた人なら、最後まであきらめることなくやりきってくれる、と判断されるでしょう。

ここでも、具体例を挙げてアピールするのが基本です。たとえば、
「サッカー部のキャプテンとして地区大会優勝を実現しました」
「一念発起して勉強し、難関といわれる高校に合格しました」
「プロジェクトリーダーとして参画した企業コンペで、企画が採用されました」
など、具体例を挙げることで話に信憑性を持たせられます。

IT未経験者向け!志望動機の例文を紹介

ここでは、IT業界で働いたことのない未経験者が、これからエンジニアを目指すにあたりどのような志望動機を作成すればいいのか、例文でご紹介します。
そのまま使うのではなく、自分なりにアレンジして活用してください。

例文

  • 「御社を志望したのは、人々の役に立つシステム開発をしている貴社の企業としての在り方に共感したことがきっかけです。」
  • 「私はもともと文系の人間ですが、貴社のことを知ってからITの世界にどんどん興味を持ち始め、今ではすっかりエンジニアの仕事こそ私の進むべき道だと考えるようになりました。」
  • 「私はITの仕事をしたことはなく、未経験のため即戦力にはならないかもしれません。しかし、私は努力することに関しては誰にも負けません。大学の学費もすべてアルバイトで賄い、少ない時間を活用して複数の資格も取得しました。」
  • 「高校時代には野球部のキャプテンとしてチームを引っ張り、県大会で優勝した実績があります。エンジニアは結果が求められる仕事であり、コミュニケーション力も必要なはずです。私は、チームのメンバーとまめにコミュニケーションをとりながら、リーダーシップを発揮して結果を残してきました。」
  • 「私なら、たゆまぬ努力で専門技術を短期間でマスターし、きっと貴社のお役に立てると思います。仕事を途中で投げ出さず、最後までしっかりとやり遂げる自信もあります。よろしくお願いいたします。」

未経験からエンジニアになりたい人に狙い目の会社

多くの企業は即戦力となる経験者を求める傾向にあるため、未経験者がいきなりIT系企業にプログラマーとして入社するのは難しいかもしれません。
ただ、未経験者を積極的に採用している企業も実際あるため、そのようなところを探してみましょう。
IT企業の中には、充実した研修を行っているところも少なくありません。

研修が充実した企業だと、未経験者に対して一から丁寧に指導してくれるため、ITの最新動向も含めたさまざまな知識や技術を習得できます。
普段から専門分野の勉強を続けながら、こういった研修制度を上手に利用すれば、よりスピーディにITスキルを身につけていけるでしょう。

まとめ

未経験からエンジニアになりたいのなら、志望動機で新しいことに取り組む努力ができることをしっかりアピールすることが大切です。
また、ITに興味があること、過去にスポーツや勉強で結果を残してきたことなども効果的なアピールになります。

夢テクノロジーでは 正社員として雇用し、2ヶ月間の充実した研修を経て職場を紹介します。ITエンジニアを目指す方は、ぜひご検討ください。

オススメ求人