IT業界に未経験で入るとき、どんな研修が受けられる?研修中の待遇は?

IT業界の研修内容とは

IT業界に限らず、多くの企業では新入社員にいきなり業務を任せるようなことはしません。若く未経験の人材であればなおさら、研修期間を設けて基礎的な知識やスキルを吸収させようとします。IT業界のように専門性の高い仕事であれば、より一層新人教育を丁寧かつ緻密に行うことが必要とされています。
IT研修には大きく分けて、3つの種類があります。
ひとつは、ITインフラに関する研修です。ITインフラの研修ではネットワークやサーバーなど業務に必要な周辺環境について学びます。ただし、ハード面の研修内容はそこまで変わらないものの、ソフト面の研修内容は企業や業務内容によって大きく変わります。

二つ目はプログラミング研修です。ITインフラがネットワークやサーバーを取り扱うのに対して、プログラミング研修では実際の開発過程に必要な技術を学びます。短期間で社内業務の基礎、目的などを学び、実務を任せられたときに適切なスタートを切れるようにします。

三つ目は、社会人としてのビジネスマナー講座です。エンジニアやプログラミングの仕事は孤独な作業になることが多い一方で、顧客や同僚とのコミュニケーションも求められます。
相手から正確に情報を聞き出し、確認を積み重ねるからこそ理想的な仕事ができるともいえます。
仕事の関係者と良好な人間関係を構築するうえで、最低限のマナーは必須です。そのため、早い段階で社会での礼儀作法を吸収しておく必要があるのです。

IT研修を受けるメリットは?

新人教育が身になるかどうかは本人のモチベーションが大きく影響します。研修のメリットを理解し、前向きに取り組めば、短期間の研修でも大きく成長できるはずです。

未経験で入社しても安心!

一般的に、新入社員の多くが業界の基礎知識やルールを知らずに配属されます。20代以下の若手社員であれば、業界の常識すら理解のないまま、新しい世界に飛び込んできた状態です。
特に、IT業界は企業によって独自のワークフローが確立されていたり、システムやソフトウェアの操作方法が個性的であったりします。そのため、事前に業務に関する知識を学んでいたとしても、十分に実力を発揮することは困難です。予備知識もなく仕事を始めても、基本的な作業すらままなりません。

このようなことを防ぐために有効なのが研修です。研修期間のうちに社内で知っておくべき情報を伝えておけば、基本を押さえた状態で仕事を始められるため、現場で教育する同僚の負担も減ります。仕事に対する理解度が高まり、ミスを犯す確率も減るでしょう。

円滑に業務に参加できる

入社間もない社員は、就職活動において知り得た範囲でしか企業の理念やビジョンを共有できていません。
そのため、すぐに仕事を任せても周囲に溶け込めず、スムーズに業務を進められない可能性があります。社内の風土を理解してから現場に配属されなければ、同僚と団結して日々の業務にあたることは難しいでしょう。

また、自身が会社で成し遂げたいと思っている願望を整理するためにも、研修はうってつけです。
グループディスカッションなどを通して自分の本音に向き合い、働く意味をはっきりさせることができます。いざ、仕事が始まっても、企業への帰属意識が生まれているので、円滑に職場へと溶け込めるようになるのです。

IT研修の内容

ここまでIT研修の種類と受講のメリットを伝えてきました。それでは、次に3つの研修の内容を具体的に見ていきましょう。

ITインフラの研修内容

ITインフラ研修では、ネットワークやサーバーの周辺環境についての知識を学びます。コンピュータのサーバー構築やプログラム、セキュリティ、データベースの取り扱い、ネットワークの構造などが対象です。また、に使用されるOSに関する知識も学びます。OSは企業によって違うので、カリキュラムは多様です。そして、データの記録補助を担うストレージ、グラウド、仮想化の概要にも踏み込みます。

研修によっては事前知識が必要なケースもあるため、最低限の用語や用途を理解しておくと、より有意義な研修となるでしょう。また、ITインフラは構成する要素が多く、研修によって内容が異なるため、ITインフラの研修内容を受けたからといってすべての項目を網羅していない可能性もあります。未経験の場合は企業や経験者と相談しながら適切な研修を受講することが大切です。

プログラミングの研修内容

プログラミング研修では、エンジニアが開発の流れを学びます。どのような項目を中心に行うかは、その企業が主に扱っているプログラミング言語によりますが、汎用性の高さなどの理由から、C#やJavaについて学ぶことが多いでしょう。さらに、Web系の場合は、PHPやRuby、JavaScriptなどが科目として選ばれる傾向にあります。また、HTML/CSS、SQL、Pythonといった言語を研修で取り扱うこともあります。

プログラミング研修を実施する目的は「即戦力の育成」です。実践的で詳細な知識や技術を、短期間で新人に習得させることが最優先されていますが、同時に「広い視野」を身につけさせることも意図されています。そのため、多くのプログラミング研修で、プログラミングスキルに重点が置かれます。また、

ビジネスマナーの研修内容

技術的に優れているエンジニアでも、礼儀作法がなっていなくてはクライアントから信用されません。社会人経験の乏しい新入社員は、うっかりマナー違反を犯してしまい、クライアントに不愉快な印象を与えてしまうかもしれません。そのため、ビジネスマナー研修は、プログラミングの勉強と同程度の重要性を持っており、専門の講師を雇ったうえで数日間にわたってじっくりと研修を行う企業も少なくありません。

たとえば、IT業者には顧客からも取引先からも大量の問い合わせがきます。電話対応やメールの書き方を知らないと、相手に「常識のない人間」と思われてしまいます。また、新入社員はしばらくの間、初対面の相手に紹介され続ける日々を送らなくてはいけません。その全員に好印象を与え、パートナーとして認めてもらうためには、名刺交換や挨拶、お辞儀の作法なども不可欠です。

厳しいアルバイト先で働いていた、などの経歴を持つ人の中には、入社時点でビジネスマナーの基礎が身についている人もいます。しかし、所作の意味や意図を改めて学ぶことで、マナーはより研ぎ澄まされていきます。ビジネスマナー研修は、学生や業界未経験者が気を引き締めるためのステップでもあるのです。

研修中の待遇は?

研修中の待遇は、企業によっては試用/研修期間中は若干の調整が行われる場合があります。また、研修内容については、未経験者でも理解できるような平易な内容から段階的にしっかり整えられているところもあれば、経験者や中級者以上を対象としている企業もあり、期間も企業によってかなり差があります。そのため、未経験からITエンジニアとしてのキャリアを築いていく場合、研修内容やカリキュラム、期間などについてきちんと説明してくれる企業や、研修期間がある程度長期(1~2か月以上)に渡る内容を設けている企業を選ぶことが大切です。 事前説明会などでしっかりと確認しておきましょう。

研修は有料のところも多いですが、夢テクノロジーでは38万円相当の研修を入社後2ヶ月間にわたり無料で受けられます。

東京や大阪など各地に研修施設を備えているので、さまざま場所で知識を身につけることができます。
研修期間中も給料が支払われるのはもちろんのこと、必要なスキルを身につけてから現場入りすることが可能です。

入社後の手厚いサポート体制や、他社と比較してもIT未経験者に優しい環境が整っていることから、若手も活躍しています。
これから本格的にITエンジニアを目指すのであれば、とても充実した環境です。自身の適性や興味のある分野を探りながら、研修を通してキャリアアップを図れることも大きな魅力だといえます。

オススメ求人