夢テクノロジーから新たな一歩を踏み出した櫻井さんにインタビュー

夢テクノロジーへ転職した方のインタビューです。「粘り強く頑張ること」を強みとして、積極的に新しいスキルを習得しています。現在は、エンジニアの補佐として業務に取り組んでいますが、将来、ドキュメンタリーの仕事にチャレンジすることを目標にしています。

これまでの経験について教えてください

設計書や手順書を見ながら、サーバー数台程度の仮想環境を構築したり、初期設定(NTP、FWなどのOS導入後の設定)をおこなったりしました。現在は、ひな形をもとに、詳細設計書を作成しています。

細かい作業ですが、資料の体裁を整えたり、誤字脱字を確認したりもしました。

普段はどんなお仕事をしていますか?

入社して間もないので、メールでのお問い合わせ対応や、手順書に沿ったブラウザ上でのデータ入力がメインです。

現場では、エンジニアの補佐として業務に取り組んでいます。具体的には、専門用語が含まれた資料の校正や、サーバーの仮想環境構築、初期設定などです。

スキル面以外でのご自身の強みとは?その強みを活かした経験について教えてください

粘り強く頑張ることです。

仕事では、新しい用語や技術がたくさん出てきます。分からないことが多く焦りますが、自分で調べたり、先輩社員に質問したりして、理解するようにしています。

これといって大きな成果はないですが、業務内容を把握して、自分なりの解決方法を見つけるように心がけているので、少しずつ新しいお仕事を任せてもらっていると思います。

今までで大変だったこと、難しいと感じたことはありますか?

体系的な組織の中で業務に取り組むのが大変でした。

前職では、個人の判断で、業務の効率化を図っていました。しかし、組織の中では、非効率なルールなどを勝手に変えてしまうと、思わぬところに歪が出てしまいます。

そのことを学んだものの、慣れるまでに時間がかかりました。

普段業務で心がけていることはありますか?

作業している理由と得られる結果を想定しながら取り組んでいます。

その2点を考えながら業務を進めていくと、想定外の結果になったときでも、落ち着いて対処できます。些細なことですが、無意識な操作ミスに気づくこともありました。

今後どのようなことにチャレンジしたいですか?

今は、自ら課題を探すより現場から吸収したいので、今はこだわりを持たず柔軟に、色んな業務に取り組みたいです。

たくさんの経験を活かして、もともと興味のあるドキュメンテーションの仕事にチャレンジしたいですね。

夢テクノロジーの研修の魅力について教えてください

私が受けた研修ではLinuxOSについて学びました。資格取得することで、配属先がすんなりと決まったかと思います。

配属直後の業務は、お問い合わせ対応やデータ入力が多く、研修内容と直結することは少なかったですが、構築の現場でお仕事するようになって、当時学んだ知識が実用的に使えるようになりました。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

タオル製品を扱うお店で接客販売していました。

お客様対応以外に、商品棚の補充、在庫管理、発注、なども幅広く業務をこなしていました。また、決まった手順に沿って、刺しゅう機のオペレーションも行っていました。

エンジニアの転職は夢テクノロジーへご相談ください

夢テクノロジーでは様々な研修やフォロー体制を用意し、スキルアップを目指せる体制を整えています。IT業界が未経験の方でも時間をかけてしっかり学べばほとんどの人が理解できます。ITエンジニアは需要が高まる一方なので、この機会にご相談ください。

オススメ求人