夢テクノロジーから新たな一歩を踏み出した河合さんにインタビュー

企業で活躍中の河合さんへのインタビュー記事です。お仕事の内容や仕事で意識していること、印象に残っているエピソードなど聞かせていただきました。また、今後挑戦したいことや前職ではどのように活躍されていたのかも教えていただきました。

エンジニアになる前の経験や実績、転職した理由について教えてください

新卒で大手家電量販店に入社し、携帯コーナーの販売員として4年間勤務しました。今後対面での販売業務は減少していく可能性が高いと予測し、日本のみならず世界的に需要が高まり続けているIT業界への転職を決意しました。

普段はどんなお仕事をしていますか?

VMware上の仮想OSのWindows・Linux環境での構築とテストを行っています。その際、思わぬトラブルが発生したり、想定した結果が得られなかったりした場合は、プロジェクトメンバーに状況を伝え、協力して解決に繋げます。またドキュメント作成の構築とテストの時は、パラメータシートやテスト手順書を作成しました。指摘内容を反映させて、品質向上に努めています。

スキル面以外でのご自身の強みとは?その強みを活かした経験について教えてください

困難な状況においても、途中で投げ出さずにやり遂げる力です。転職当時は、現場の力になれないと感じ、何度も悔しさや挫折感を味わいましたが、上手くいかない全てを経験値に変えてきました。入社してまだ2年ですが、サーバのテストから構築まで多くの経験を積むことができ、パソコンの基本操作はもちろん、技術力もついてきたと実感しています。

今までで大変だったこと、難しいと感じたことはありますか?

基盤の構築が上手くいかない時のトラブルシューティングに苦労しました。基盤の環境が整わないと、APやDBなどのサービスにも影響が出るので、責任感を持って対応しました。ベンダー側のサポートセンターに問い合わせたり、プロジェクトメンバーに相談したりして原因を特定し、無事構築しました。不安や焦りが大きかったので、できた時の喜びは大きいものでした。

普段業務で心がけていることはありますか?

効率化や簡略化を進めています。業務前に、状況とタスクの順番を見極め、計画を立てるようにしています。何度も経験している業務の内容を分析し、いろいろな方法を試すことで、効率化を図っています。

今後どのようなことにチャレンジしたいですか?

現場経験を通して、インフラに特化したスキルを高めていきたいと思っています。今まで仮想化基盤としてVMwareを使用してきましたが、AWS上での構築も経験したいと考えています。またLinuxでコマンドを打たずに自動的に実行するスクリプトを作成するなど、時短や効率化に貢献したいと思います。

夢テクノロジーの研修で学んだ内容は配属先で活きていますか?

研修期間に様々な操作環境に触れて概念を理解し、操作にも慣れて、配属先では未経験ながらも活躍できました。仮想化基板上の仮想OSで環境構築を経験したことが、現場で大いに役立ちました。また、IPアドレスを自由に割り当てて、ネットワーク環境を作る研修があり、自分の世界を作っているように感じた楽しい内容でした。

前職ではどのような仕事をしていましたか?

大手家電量販店で、携帯コーナーの販売業務に従事していました。新規契約、機種変更、光回線プランやサービス内容の説明、修理対応、クレーム対応などです。新商品の展開、在庫管理、棚卸などの業務もありました。他にも店舗満足度向上のためのフロアコントロール、スタッフ教育にも携わったことがあります。パソコンを使う機会はほぼなく、基本操作を含めた知識やスキルは、転職してから身につけました。

エンジニアの転職は夢テクノロジーへご相談ください

夢テクノロジーは、エンジニアへの夢と成長を応援します。男性も女性も、ものづくりの最前線でエンジニアとして活躍できる、サポート体制と研修体制を整えています。夢テクノロジーで、あなたのエンジニアへの夢を叶えませんか。

オススメ求人